ブレーカー交換の費用をお得にしたいなら仲介サービスがカギ

作業員

重要な存在

住宅設備の中でも大きな存在感を放っているのがブレーカーです。停電や漏電などのチェックがすぐにできますし、電気を多用する家庭生活の安全性を守る上でも欠かせない機器となります。とくに漏電ブレーカーに異常があれば、すぐに対応しましょう。漏電は火災を招く危険が高いため、用心深くなる必要があるのです。

ブレーカー

メンテナンスが必要

ブレーカーは時期をみて点検や修理、交換が必要になります。経年劣化もしていきますので、場合によっては買い替えることも出てくるはずです。いずれの場合も、素人目には判断がつきにくいものですので、プロに依頼してチェックしてもらうのが安全です。

男女

紹介してもらう

専門業者の探し方で困っているなら、仲介サービスを利用するといいです。都合の良い時間に自宅まで来てくれる優良業者を案内してくれます。信頼できる業者をスピーディーに見つけることができるため、ユーザーが増えているようです。無料で電話相談できる点もメリットだといえるでしょう。

仲介サービスを利用する利点

  • 料金システムがわかりやすい
  • 迅速に対応してくれる
  • アフターケアなどの相談もしやすい
  • 24時間いつでも受付している
  • エリアに関係なく利用可能

調査だけでもOK!

故障やトラブルが起きてなくても、不安を感じたら専門業者に点検してもらうといいです。とくに火災が多くなる乾燥した季節や、台風・豪雨などの水害があった後は異常がないかをチェックしてもらうことは、安全対策として非常に有効になります。

ブレーカー何でも質問コーナー

困る人

そもそもブレーカーは必要ですか?

電気を安全に正しく使用するためには必要です。火災や感電を予防する意味もありますし、電気料金の契約にも関わってきます。

なぜ壊れるのですか?

自然に劣化していくものになりますので、どんな家庭のブレーカーでも、約13年前後をめどに交換する必要があるといわれています。

自分でも交換できますか?

資格が必要になります。無資格で失敗すれば大きなトラブルに繋がりかねないため、専門業者に依頼しましょう。

業者に依頼した場合の費用は?

ブレーカー本体の価格と、人件費や出張費などがプラスされますので1万円以上はかかってくることが多いです。

漏電しないためのポイントは?

コンセントやプラグを濡らしたり、傷つけたりしないようにします。また古い住宅設備や家電などダメージを受けている可能性がある場合は、特に注意が必要です。

[PR]
ブレーカーの交換・修理の専門業者
生活の中の安全を守ろう