ブレーカー交換の流れをおさらい!~工事で気をつけること~

安心施工の業者をチョイス!~ブレーカー交換に必要な資格~

電気工事士に依頼

専門的なスキルや知識が必要とされるのが、ブレーカー交換などに代表される電気工事です。電気は私たちにとって非常に身近な存在であるため、その分トラブルに遭遇する機会も多いものです。トラブルが起こった場合は、電気工事士など資格を持ったプロフェッショナルに相談して対応してもらう必要があります。

よくある電気トラブルの例

  • 停電する
  • ブレーカーが落ちる
  • 火花が散る
  • びりびり感じる
  • 熱をもつ
  • 電気がつかない
  • 異音がする
  • 異臭がする

ブレーカー交換の流れをおさらい!~工事で気をつけること~

作業員

資格が必要

電気配線やブレーカー交換などの電気工事は、電気工事士という有資格者でなければできない施工が多いです。家庭でDIY感覚で行なうことは違反ですし、大変危険ですので避けましょう。専門スキルを持ったプロフェッショナルに依頼することが必要です。

電話で相談

業者に連絡すると、スケジュールを確認して空きがあればすぐに来てくれるはずです。場合によっては混み合う時期もあるかもしれません。しかし、トラブルを放置することでさらなる危険な事態を招く場合もありますので、状況によってはすぐに駆けつけてくれるでしょう。事故を防ぐためにも、正しく現状を業者に報告することが肝心となります。

早めに連絡!

電気トラブルが起こった場合、最も大切なことはすぐに業者に連絡するということです。素人判断で「大丈夫かも?」と連絡を後回しにすることはやめましょう。仕事などで忙しいかもしれませんが、電気トラブルは命に関わる事故に発展する可能性があることを考慮して、最優先で点検・修繕をするようにします。

資格を比較

第一種電気工事士

一般的な電気工事作業に加えて、大規模なビルや工場などの作業ができる範囲が広い資格です。

第二種電気工事士

一般的な家庭や店舗などを対象とした電気工事作業ができる資格です。