ブレーカー交換で漏電を防ぐ~安全な我が家を守るために~

漏電対策を万全にしたいならブレーカーの点検・交換が重要!

ブレーカー交換で漏電を防ぐ~安全な我が家を守るために~

ブレーカー

気をつけよう

漏電が原因の痛ましい感電や火災が後を絶ちません。電気が漏れることを指す漏電は、いつどこで起こるかわかりません。電化製品の恩恵を受けている私たちは特に気をつけて対策していく必要があります。そのためにも、漏電についての知識を学んでおくことが重要です。

相談

なぜ発生するのか

壊れてしまった電化製品やコンセントが原因で漏電することがほとんです。電化製品は水に弱い物が多いため、水没することでも異常を起こします。絶縁処理している箇所が壊れてしまうことにより、電気が漏れてしまうのです。

作業員

危険性

電気が漏れていると火災になったり、感電したりして非常に危険です。ただ基本的に家庭には、漏電ブレーカーが設置されていますので、ブレーカーが落ちた場合は、その危険性を察知することが可能です。しかし、その肝心な役目を果たすブレーカーが壊れていたら大問題です。普段の生活で気がつきにくい漏電もありますので、ブレーカーが正常に動いているかどうかを定期的にチェックすることが大切になってくるでしょう。

ブレーカー

業者を呼ぼう

ブレーカー交換は専門業者に依頼すればスピード施工してくれます。安心な毎日を送るためにも、速やかにチェックして改善してもらうようにしましょう。

漏電予防アイテムの特徴を比較

アース

電化製品の電気を逃がすための線がアースです。水まわりの電化製品は漏電のリスクが高いですが、アース線を取り付けることで感電を防ぐことができます。

漏電遮断器

電気が漏れていると自動的に電気をストップするもので、分電盤に取り付ける漏電ブレーカーやコンセントタイプがあります。